埼玉県川口市のリウマチ科、新井宿から徒歩すぐ、かねこ内科リウマチ科クリニック

院内感染防止対策について

新型コロナウイルス感染対策について 患者様へのお願い

受診前にご確認ください

以下に該当する患者様は、「帰国者・接触者相談センター(川口保健所)」にお問合せいただき、受診を勧められた医療機関を受診してください。

<対象者>

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている(4日以上)場合

尚、基礎疾患があり、当院に掛かりつけの患者様で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合は当院までお問合せください。

<お問合せ・電話窓口>
■帰国者・接触者相談センター:

■埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター:
0570-783-770(24時間受付)

3月6日より新型コロナウイルスのPCR検査が保険適用となりましたが、当院では検査を行っておりませんので、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」へご連絡ください。

以下のいずれかの症状がある方は、当院に受診頂く前に、お電話にてお問合せください。
「発熱」「せき」「たん」「のどの痛み」「だるさ」

上記症状の方は、受診時間の調整をさせて頂きます。
(11:00~12:00、16:00~17:00の時間帯になります)
特に初診の方は、ご来院前に必ずお電話ください。

また、上記症状の診察につきましては、院内トリアージ実施料加算を頂きます。
(1割負担の方は300円、3割負担の方は900円)

※上記症状をご申告いただけない場合は、他の患者さんの安全を守る為に、診療をお断りする事があります。

オンライン診療及び電話によるお薬の対応につきましては、現在のところ体制が整ってないため、対応しておりません。

当院の新型コロナウイルス感染対策について

新型コロナウィルスの感染リスクは、長期化することが予想されます。
その為、リウマチ、慢性疾患等の掛かりつけの患者様につきましては、治療が充分に行えず、悪化して重症化する恐れがあります。
当院では、新型コロナウィルスの院内での感染を防ぐために、以下4つの対策を行い、安心してご来院頂けるよう取り組んでまいります。

(1) 疑いある患者様と分離した空間で診療する

新型コロナウィルス感染症の疑いのある患者様には、外でお待ち頂き、新たに設置したプレハブで検査、治療いたします。

当クリニックの駐車場にプレハブを設置しました。

プレハブでは、感染症の症状の患者様の検査や処置を行っております。(ただし、新型コロナウィルス感染症の診断(PCR検査等)や、治療は行っておりません)

プレハブ
プレハブの内部

慢性疾患やリウマチ等の患者様とは、分離した空間にすることで院内感染を防ぎます。

症状のある患者様は、事前に症状を自己申告して頂いております。万が一、申告をせずに症状がみられる方は、診療をお断りするなど、徹底した対応に努めております)

入り口の案内板

(2) 無症状の患者様からの感染を防ぐ

院内に入られる方は、無症状の患者様やお付き添いの方であっても、全員の方にマスク着用と手指アルコール消毒の徹底をお願いしております。

マスクのない方は、院内でご使用いただくためのマスク(1枚のみ)も販売しております。

院内のいたるところに手指消毒液を設置し、またスタッフからお声をかけてさせて頂いております。

マスク着用と手指の消毒のお願い

(3) スタッフから患者様への感染を防ぐ

患者様と接する医師、スタッフが感染しないための対策及び、スタッフから患者様への感染を防ぐ対策を行っております。

看護師、受付がシールド及びマスクを着用しております。

飛沫の恐れがある検査は、医師、看護師共に防護服を着用し万全の体制で行っております。

シールド

(4) 院内の環境整備を徹底する

定期的な清拭消毒を実施しております。

高頻度に不特定多数が接触する箇所(ソファー、イス、ドアノブ、手すり、スイッチ、テーブル、ベッド、スリッパ、電話、畳など)は、次亜塩素酸水やアルコール液を使用し、定期的にくまなく清拭消毒を実施しております。

次亜塩素酸水やアルコール液
処置室の除菌
スリッパの除菌
待合室の除菌

定期的な院内換気を行っております。

患者様にご協力を頂き、定期的な院内換気を行っております。約1時間の換気で99%以上のウィルスが除去されるというデータもございます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第1版

ページの先頭に戻る
PAGE TOP