川口市の特定健診・がん検診、健康診断

健康診断・がん検診

健康診断・がん検診

当院では、川口市の健康診査・がん検診を受診できます。

若い時から健康診断を

人間は、痛みがあれば、それを回避しようと行動を起こすでしょう。
ところが太っても痛みを伴うことが少ないため、結果的に何もアクションを起こさない。その結果自覚のないまま生活習慣病を患うことに繋がります。

メタボリックシンドロームになる人は、動かないことや動かない気質を持っていることが多いと思われます。足腰が悪くなると、動くことが億劫になり筋力が下がります。
そしてメタボリックシンドローム・ロコモティブシンドロームにつながり、最後には「寝たきり」に。。。
寝たきりは、このような負の連鎖による結果、生み出すものだと考えています。

当院では「コミュニケーションと健康診断」をキャッチフレーズに、若い時からの健康診断、病気の早期発見・早期治療に取り組んでいます。
40代前半頃から意識をしても良いと思います。
川口市の健康診査・がん検診を利用して当院へ足を運んで頂き、病気の予防・寝たきり予防に繋げてほしいと思っています。

痩せている人と太った人

川口市の特定健診の特徴

川口市の特定健診にはさまざまなメリットがあります。

費用は自治体が助成します。
自治体の助成により500円の自己負担で受けられます。
健診費用は、僅か500円です。

メタボだけの健診ではありません
特定健診は、生活習慣病の前段階である、メタボリックシンドローム(メタボ)に着目した健診ですが、メタボだけの健診ではありません。
見た目はやせていても、血圧が高い・血糖値が高い・LDL(悪玉)コレステロールが高いなどといった状態は、動脈硬化(血管の老化)から脳梗塞などに至るリスクを高めます。
つまり、特定健診は血管の老化の発見にも役立ちます!

診断結果に応じて治療や精査を進めていきます
検査結果で異常が見られた場合、当院で治療を進めていくことができます。
また、再検査が必要な場合は、当院や他院で精密検査を行って頂くことが可能です。
早期発見、早期治療が健康な身体を維持する為に必要不可欠です!

当院で受けられる健康診断とがん検診

●川口市の特定健康診査
国保特定健診  後期高齢者健康診査  生保受給者健康診査

●社保特定健診

●川口市のがん検診等
肺がん検診  大腸がん検診  肝炎ウイルス検診

健診の様子

国保特定健診

対象
川口市国民健康保険に加入している40歳~74歳のかた

※平成29年12月28日までに、加入の届出をしたかた

※今年度40歳になるかたも含みます。

実施期間
平成29年6月1日~平成30年2月28日まで
費用(自己負担額)
基本項目500円

※追加項目(希望者)心電図検査400円、胸部レントゲン検査500円

特定健康診査の内容
  1. 質問票
  2. 身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)
  3. 血圧測定
  4. 診察
  5. 尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)
  6. 血液検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST・ALT・γ‐GT・空腹時血糖・Hb A1c・尿酸・クレアチニン・eGFR(推算糸球体濾過量))

後期高齢者健康診査

対象
川口市に居住する埼玉県後期高齢者医療制度の被保険者
実施期間
平成29年6月1日~平成30年2月28日まで
費用(自己負担額)
基本項目500円
特定健康診査の内容
  1. 質問票
  2. 身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)
  3. 血圧測定
  4. 診察
  5. 尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)
  6. 血液検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST・ALT・γ‐GT・空腹時血糖・Hb A1c・尿酸・クレアチニン・eGFR(推算糸球体濾過量))

生保受給者健康診査

対象
40歳以上(昭和52年4月1日以前生まれ)の生活保護受給者の方で、職場等で健康診断を受診する機会のない方(入院中の場合はご遠慮ください。)
費用(自己負担額)
無料
特定健康診査の内容
  1. 身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)
  2. 血圧測定
  3. 尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)
  4. 血液検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST・ALT・γ‐GT・空腹時血糖・Hb A1c)

特定健診(社保)

当院では、「集合B契約」に参加する医療保険者が発行する被保険者証及び特定健康診査受診券をお持ちの方が対象となります。費用につきましては、保険者の規定によりますので、特定健康診査受診券をご確認ください。

肺がん検診

対象
40歳以上(平成29年3月31日現在)の川口市民
費用(自己負担額)
510円

※但し、70歳以上(平成29年3月31日現在)の方、生活保護法による被保険者、市民税非課税世帯で、事前に申し出を行い確認された者については受診者負担額を免除となる。

実施期間
平成29年7月1日から11月30日

大腸がん検診

対象
40歳以上(平成29年3月31日現在)の川口市民
費用(自己負担額)
460円

※但し、70歳以上(平成29年3月31日現在)の方、生活保護法による被保険者、市民税非課税世帯で、事前に申し出を行い確認された者については受診者負担額を免除となる。

実施期間
平成29年7月1日から11月30日

肝炎ウイルス検診

対象
川口市民で以下の項目のいずれかに該当する方
(1)40歳の方(昭和52年4月2日~昭和53年4月1日生)
(2)当該年度において満41歳以上となる方(昭和52年4月1日以前生)であって、過去にこの検診を受けたことがなく、かつ本検診を希望する方は、あらかじめ保健センターに未受診である旨の承認を得たうえで、実施することができます。

※事前に川口市保健センターにハガキにより未受診である証明を得て下さい。

費用(自己負担額)
510円

※但し、70歳以上(平成29年3月31日現在)の方、生活保護法による被保険者、市民税非課税世帯で保健センターから「がん検診自己負担金免除確認済書」を受けた方については受診者負担金が免除となる。

実施期間
平成29年7月1日から11月30日

特定健診・がん検診の受け方

受診をご希望の方は、まずはお電話でご予約・お問い合わせ下さい。

●持ち物

  • 特定健診の場合は受診券、質問票
    がん検診の場合は受診票(はがき)
  • 保険証
  • 健診費用

●注意

  • 検査前日21時以降、検査当日の食事は控えて下さい。
    ※コップ1杯程度の水やお茶は、摂取可能です。
  • 服薬中の方は事前にご相談下さい。

●ご予約はこちら
【電話番号】048-284-1155

↑
PAGE TOP